代表メッセージ

ミッションとして「『働楽社会』の実現への貢献」を掲げる理由 当社がミッションとして、「『働楽社会』の実現への貢献」と訴える背景には、私自身の個人的な体験があります。
私は新卒でリクルートに入社して11年間お世話になった後、33歳の時に前会社を起業しました。しかし、社員も増え始めた7年後の41歳の時、代表者を解任されてしまったのです。
今まで風を切って走っていた私は、突如、大きな落とし穴に落ちました。真っ暗な迷いの淵で、不安、焦り、後悔、葛藤など、あらゆるネガティブ感情にどっぷりとはまってしまいました。

「働くのが辛い」状態から「働くのが楽しい」状態へ 5ヵ月後、現在の会社であるリ・カレントを必死の想いで創業しました。しかし前会社の夢と希望に満ちた「起業」ではありませんでした。生活で食いつなぐための手段として、消極的選択からの「継業」でした。だから仕事が少しも楽しくなかったのです。
1年、2年が過ぎ、多くの方々の関わりとご支援のお陰で、徐々にリ・カレントの業容が成長軌道に乗り始めました。挫折から這い上がってきた自分自身に、小さな可能性を見出せたのです。徐々に新たな社員が集まり始め、会社組織の未来が拓け始めました。こうして私は「働くのが辛い」状態から「働くのが楽しい」状態へと転換していったのです。 一生涯仕事をすることが求められるなかで

私ほどの極端な経験ではないかもしれませんが、何かしらのマイナス要因によって「仕事が楽しくない、会社がつまらない」と感じている社会人が日本には数多く存在します。日本能率協会の調査(ビジネスパーソン1000人調査、2015年6月)によれば日本のビジネスパーソンの6割は「仕事が楽しくない」と答えているのです。

昨今の「働き方改革」の動きのなかでは、効率よく仕事をこなすことが求められています。が、いくら残業時間を削減しても依然として1日の時間の中では多くの時間を仕事に費やさざるを得ないのが現実です。今後の年金問題と日本人の寿命の伸長を考えると、さらなる定年延長義務化も起きるはずです。日本人は、一生涯仕事をすることが求められていくようになります。 「働楽人材・働楽組織」づくりのためのサービスを展開しながら、働楽社会の実現に貢献します

だからこそ「働楽」だとは思いませんか。現在、日本企業で推進されている「働き方改革」の本質は、働く人、一人ひとりの「働きがい改革」です。人生の多くの時間を費やす仕事を面白く楽しくすれば、毎日が、ひいては人生が、さらに充実するはずです。一人ひとりが「働楽パーソン」になることが、日本をさらに活力ある社会に変えていくドライバーになるのです。

孔子が言っています。「これを知る者は、これを好きな者には勝てない。これを好きな者は、これを楽しむ者には勝てない」と。「これ」に「仕事」を当てはめても、しっくり来るのではないでしょうか。

リ・カレントは、クライアントの「働楽人材・働楽組織」づくりのためのサービスを展開しながら、働楽社会の実現に貢献します。社員一人ひとりが仕事を心から楽しむモデルとなるべく、これからも「不断の挑戦と普段の改善」を日々続けて参ります。

企業情報

CASE

事例紹介

お取り引き150社以上、リピート率92%の研修プログラムを導入いただいております。

事例紹介を見る

SEMINAR

セミナーのご案内

人材組織開発ご担当者のみなさまへ、定期的に各種体験セミナーをご用意しております。

セミナー開催情報へ

CONTACT

お問い合わせ

企業それぞれの体制に合わせて、様々なプログラムをご提案。お気軽にお申し付けください。

メールでお問い合わせ 資料請求

ページの先頭へ