【管理職向け】ベストチームマネジメント

部下のフォロワーシップを引き出して組織成果を生み出す新マネジメントアプローチ
対象者
・30〜40代中堅社員選抜型次世代リーダー
・マネジャー手前のリーダー層
推奨日数
1日~2日(9:00~17:00)
受講者数
1クラス24名まで(大人数の場合は2日で設計)

こんな課題を抱えていませんか?

リーダー不在

こんなお悩みをお持ちの企業様へ

BEFORE

対象者 チーム運営に悩む管理職
  • ▶︎若手にやらされ感が漂い、成長実感を持てず、チームへのロイヤリティが下がっている
  • ▶︎各メンバーの動きがバラバラで、チームとしての一体感に欠ける
  • ▶︎各自が自分本位の仕事の仕方をしており、互いに貢献し合うことがないため、組織業績が上がらない

受講後、こう変わります!

AFTER

協働と共育のチームをつくるマネジメントを習得
  • ▶︎方向付け、巻き込み、役割配置、チーム学習方法を体得できる
  • ▶︎“マネジャー⇔メンバーの個別指導集団“から“自律的に成果を上げ続ける組織づくり”マネジメントへ転換できる

研修プログラムの3つの特長

チームワーク診断

チームワーク診断を事前に実施し、研修冒頭で自組織のチームワーク(上司部下の関係性)を分析・把握します
組織リーダーとフォロワーの関係の質を分析し、さらなる組織のパワーを生み出すヒントを探ることができる診断ツールです

何をどう変えれば有効なリーダーシップが発揮できるのかを考えさせる

・事例をもとにベストチームマネジメント4つのステップを学びます
【構想】北京五輪ソフトボール日本代表
  ▶︎チームが優勝を果たした理由とは?
【参画】星野リゾート
  ▶︎組織課題をメンバーに自分事と捉えさせ、自信と成果を引き出すリーダーシップとは?
【参画】【協働】裸の男とリーダーシップ
  ▶︎野外イベントで突然踊りだした裸の男、彼に続いて踊りだした第二の男の存在と影響力とは?

学習に沿って自チームへの応用を言語化させる
現場実践手法で経営幹部に必要な知識を身につける

・経験学習モデルを職場で回すための方法を習得します
・4つのステップについて、今後チームで取り組むこと、部門で取り組むことを内省・実践シートに落とし込みを行い、職場で実践するきっかけを与えます

研修の狙い

ベストチームマネジメントのサイクル

組織心理学を背景に、チームマネジメントのサイクルが考案されました。
サイクルは4つのプロセスこのサイクルの核は、リーダー自身の自己の動機づけで、から成り立っています。



プログラム内容

日数:2日 1クラス:6名~24名
1.フォロワーシップの理解 イントロダクション 「集団」と「チーム」の違いを考える
自組織のチームワークを分析する
チーム・マネジメントのサイクルを学ぶ    (チーム・マネジメントの核と4つのポイント) チーム・マネジメントの核:自己動機づけ ‐ 講義:「有能感」と「効力感」
‐ 講義:リーダーとしての軸 ポイント①:目的 ‐ 演習:ビデオケース「北京五輪ソフトボール日本代表」
‐ 演習:ミッション・ビジョン・バリューの作成
‐ 演習:リ・デザインチーム目標の作成 ポイント②:参画 ‐ 演習:リーダー自身が語る
‐ 演習:ビデオケース「星野リゾート」
‐ 演習:参画をデザインする ポイント③:協働 ‐ 演習:ビデオケース「裸の男のリーダーシップ」
‐ 講義:フォロワーシップ ポイント④:学習 ‐ 講義:経験学習モデル
‐ 講義:経験のチーム共有 研修のまとめ 行動計画:職場における実践に向けて

受講者の声ご紹介

・「人を動かす」ということの具体的な実践方法が学べた
・今後、メンバーが参画し、協働していくような強いチームとすべく、自ら思いを伝えていきたい
・何事も単独での成果よりチームとして協働したほうがより大きな成果が得られると確信した
資料ダウンロード
◀研修プログラム一覧へもどる

CASE

事例紹介

お取り引き150社以上、リピート率92%の研修プログラムを導入いただいております。

事例紹介を見る

SEMINAR

セミナーのご案内

人材組織開発ご担当者のみなさまへ、定期的に各種体験セミナーをご用意しております。

セミナー開催情報へ

CONTACT

お問い合わせ

企業それぞれの体制に合わせて、様々なプログラムをご提案。お気軽にお申し付けください。

メールでお問い合わせ 資料請求

ページの先頭へ