///SEMINAR

リ・カレント名物!目からウロコのHRDセミナー

プログラム・ 講師を知る

「目からウロコ」のHRDセミナー プロフェッショナル講師のメッセージと研修プログラムを無料体験!

プロも唸らす! 人事志塾

プロも唸らす! 人事志塾 HRD業界20年の代表が送る、HRD担当者としての想いを高める!

他社事例とネットワークを探す

ここだけの話! 事例研究会 アツイ人事担当者がこっそり教える現場の話にアツイ議論が止まらない!

階層

セミナーテーマ

  • 2017.08.16 開催

    第258回:なぜ目標管理は嫌われるのか?

    本当の目標管理で知的労働の成果を引き出す3つの処方箋

    講師:五十嵐 英憲
    チームマネジメントリーダーシップ管理職部下育成
    • 開催日
    • 2017年08月16日(水)  13:30~17:30(13:15~受付開始)
    • 会場
    • リ・カレント本社セミナールーム

    目標管理を「人事考課のための手段」と考えてしまうと、下記のような現象が起こります。

    【目標によって現場が疲弊している】
    【現場にやらされ感がある】
    【ストレッチした目標を立てず、不公平感が蔓延する】

    これらは、現場からよく聞かれる声です。
    目標を設定することが組織や個人の成長につながるどころか、成長を抑えつけているようにも見えてしまいます。

    なぜこのような現象が一般に広がっているのでしょう。
    それは、下の2つの質問と答えに集約されています。

    Q.目標管理を知っていますか      =はい
    Q.本当の目標管理を実践していますか  =いいえ

    これが日本の管理職の実情です。

    目標は組織・個人の成果を測るためには欠かせません。
    また、目標を達成することで仕事への充実感や、新たな自信を生むことができます。

    だとすれば、目標によって組織と個人の成長を促進するには何が必要なのでしょうか。

    本セミナーでは目標管理における明確で本質的な考え方をご紹介。

    目標管理の基礎はもちろんのこと、メンバーの主体的なやる気を引き出し、日々のPDS(Plan-Do-See)を回すための方策についても紹介します。

    まさにすべての管理職が身に着けたい、業績×働き甲斐を生み出すプログラムです。

    ─ プログラム────────────────────────────

     ◆━【課題共有】

    ・現場が抱える課題とは
    -ディスカッション-職場の目標管理の現状は…
    -同時並行多面作戦による目標管理(MBO-S)とは

     ◆━【プログラム体験】

    ・処方箋1:MBO-Sの目的
    -ミニ討議:働き甲斐とは何か
    -外発的な働き甲斐+内発的な働き甲斐

    ・処方箋2:MBO-Sの基本原理
    -ミニ討議:内発的な働きがいを獲得するためには
    -MBO-Sの基本原理(セルフ・コントロール)
    -ミニ討議:「よい目標をうまく創る」ための着眼点は…
    -MBO-Sの基本原理(チャレンジ目標のPlan-Do-See)

    ・処方箋3:MBO-Sとフォロワーシップとの関係
    -職場の一体感と相乗効果

    ────────────────内容は変更になることがございます──

    目標管理への2つの誤解

    本来の目標管理とは『自分で自分をマネジメントする』ということです。
    ところが、目標管理には以下のような誤解が生じてしましました。

     ■誤解1■ノルマ必達こそが目標管理

    高度経済成長時代、日本において目標管理の第一次ブームが起きたと言われています。このブームでは組織が業績を上げることが重要視されました。具体的な指標である売上を作るために、管理職が売上の管理をする。いわゆる売上至上主義が形成され、そこには「人」や「自主性」という要素が欠落しました。

     ■誤解2■目標設定に個人の意思は関係ない

    目標を達成するためには成果を創らなければいけません。ところが、成果を創るはずの「人」への考えが欠落した結果、いかに人を活かして成果を創るか、という本来の目標管理とは逆の現象が一般となりました。人の視点が欠落した目標管理は経営理念や人材開発とリンクすることなく、重荷としての存在を余儀なくされたと言えます。

    チーム力の最大化に向けた職場の一体感と相乗効果

    目標管理(MBO-S)がうまくいかないもう1つの原因は、目標管理の単独運用という間違いです。つまり、目標管理は「職場目標の達成に向けた分業システム」であり、職場目標の達成に貢献する目標管理の運用努力が必要になります。

    その努力が欠落した目標管理は、孤独なノルマ管理の世界を漂います。

    したがって、職場目標の達成には「分業責任の遂行(目標管理)」はもとより、「職場の一体感+相乗効果」が不可欠です。

    一体感とは「職場のベクトル合わせ」と「人間関係づくり」がもたらす団結力であり、前者は「経営理念・行動指針を個人目標に落とし込むプロセス」を、後者は「お互いに好きになる努力」を意味しています。

    また、相乗効果とは上司部下とのおよび部下同士の「目標管理のキャッチボール」がもたらす「知と情の増幅効果」であり、その向上には上司のリーダーシップのみならず、部下のフォロワーシップの存在がとても大きな役割を果たします。

    「フォロワーシップ」開発No.1企業であるリ・カレントだからこそできるフォロワーシップとMBO-Sの融合により、あなたの会社の目標管理の品質向上が可能になるものと確信いたします。

    セミナーでは、ワークを行いながら体験学習をしていただきます。
    (※時間の制約上、全てのコンテンツをご紹介することができないことを予めご了承くださいませ)
    講師紹介
    ミスター誠実!モチベーションの火付け役
    五十嵐 英憲(いがらし ひでのり)
    五十嵐コンサルタント 代表取締役

    1969年早稲田大学商学部卒。資生堂、リクルートを経て、教育コンサルタントとして独立。現在、五十嵐コンサルタント(株)代表取締役。(株)自己啓発協会インストラクター。著書に『個人、チーム、組織を伸ばす 目標管理の教科書』(ダイヤモンド社)などがある。目標管理の本質的な考え方に基づき、達成へのロードマップを自主管理して成長を遂げるための方法をわかりやすく伝授する。真面目、努力、一所懸命を信条に、個人・組織の業績と働き甲斐の向上に向けて精力的に活動する。

    概要
    開催日時 2017年08月16日(水)  13:30~17:30(13:15~受付開始)
    定員 16名
    受講料 無料
    ※お申し込み多数の場合は、抽選結果のご連絡と変えさせて頂きますのでご了承ください。
    会場 東京都新宿区新宿2-1-9 ステラ新宿 6階
    リ・カレント 本社セミナールーム
    アクセス
    東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅 1番出口より30歩
    東京メトロ各線 新宿三丁目駅 C5出口より徒歩5分
    お問い合わせ TEL:03-5362-1537  FAX:03-5362-1536
    対象者 人事・人材開発部門のご担当者様
    ※同業他社者様のご参加は、ご遠慮願います。ご事情により、ご参加希望の場合はお電話にてご相談くださいませ。
    受講票について セミナー開催日約1週間前に受講案内についてご連絡致します。
    尚、セミナー開催日1週間前を過ぎても当社より連絡が無い場合は、恐れ入りますがその旨ご連絡を頂けますようお願いたします。

プログラム・ 講師を知る

「目からウロコ」のHRDセミナー プロフェッショナル講師のメッセージと研修プログラムを無料体験!

プロも唸らす! 人事志塾

プロも唸らす! 人事志塾 HRD業界20年の代表が送る、HRD担当者としての想いを高める!

他社事例とネットワークを探す

ここだけの話! 事例研究会 アツイ人事担当者がこっそり教える現場の話にアツイ議論が止まらない!

階層

セミナーテーマ

CASE

事例紹介

お取り引き150社以上、リピート率92%の研修プログラムを導入いただいております。

事例紹介を見る

SEMINAR

セミナーのご案内

人材組織開発ご担当者のみなさまへ、定期的に各種体験セミナーをご用意しております。

セミナー開催情報へ

CONTACT

お問い合わせ

企業それぞれの体制に合わせて、様々なプログラムをご提案。お気軽にお申し付けください。

メールでお問い合わせ 資料請求

ページの先頭へ