///SEMINAR

リ・カレント名物!目からウロコのHRDセミナー

プログラム・ 講師を知る

「目からウロコ」のHRDセミナー プロフェッショナル講師のメッセージと研修プログラムを無料体験!

プロも唸らす! 人事志塾

プロも唸らす! 人事志塾 HRD業界20年の代表が送る、HRD担当者としての想いを高める!

他社事例とネットワークを探す

ここだけの話! 事例研究会 アツイ人事担当者がこっそり教える現場の話にアツイ議論が止まらない!

階層

セミナーテーマ

  • 2018.02.20 開催

    第275回:生産性向上は会議での「情」と「場」の見える化から!

    やらされ参加者を前のめり改革者に変える グラフィックファシリテーション術

    ビジネススキル研修
    • 開催日
    • 2018年02月20日(火)  14:00~17:30(13:45~受付開始)
    • 会場
    • リ・カレント株式会社 セミナールーム「GYOEN」

    働き方改革が叫ばれる昨今、アイディアを持ち寄ってブラッシュアップする
    会議が多く行われています。
    ところが、お客様からのご相談で聞かれる声は、働き方改革とは真逆のものです。

    ■会議をしていても、上長が一方的に話すだけになる

    ■結局何が決まったのか分からず、報告できるものがない

    ■決定事項を報告したものの、具体的なアクションにつながらない

    こうした事象を引き起こしている原因は、「言いたいことが言えない会議」です。
    なぜ言いたいことが言えないことが起きるのでしょうか。

    それは理屈と情に差があるからです。
    理屈と情の差は、「空気を読む」「言わずとも察する」ことを求める日本語特有の問題です。

    例えば会話でよく使う「そうですね」という言葉。棒読みで言う場合と、
    感嘆した様子で言う場合では全く意味が違います。
    こうした言葉の奥に潜む情を可視化できれば、理屈と情の差が埋まります。
    その結果、安心安全な場が作られ、言いたいことが言える会議になるのです。

    情の可視化を可能にするものが、グラフィックファシリテーションです。

    グラフィックファシリテーションは、会議での会話の様子をイラストにすることで、
    参加者に情の認知を促すことができます。その結果、会議の中での主体性が高まり、
    納得感がある決定を導くことができます。

    実際に、グラフィックファシリテーションを取り入れたことで、
    愚痴ばかりをこぼしていたダイバーシティ会議が、経営陣を唸らせるアイデアを導き出し、参加者全員がそれにコミットメントしていった事例があります。

    今回の体験セミナーでは、実際に主体性を引き出す場の作り方をご体感いただきます。

    ─ プログラム ────────────────────────────

    ◆━【情報交換&共有】
        ・アイスブレイク
    ・現状の共有

    ◆━【プログラム体験】
    ・グラフィックファシリテーションとは
    ・グラフィックファシリテーションの効果
    ┗【事例紹介】会議での生産性向上

    ◆━【プログラム紹介】
        ・グラフィックファシリテーションの体験

    ────────────────内容は変更になることがございます──

    ★普通のファシリテーションとグラフィックファシリテーション

    普通のファシリテーションは、ファシリテーターが参加者に問いかけることによって、場を活性化させていくのに対して、グラフィックファシリテーションは、ファシリテーターが場の雰囲気や発言などをイラストとして描いていくことで、場を活性化させていきます。

    普通のファシリテーションでは、ある会議の場面で、

    参加者たち:「・・・・・・・・・。」

    ファシリテーター:「先程の発言についてどう考えますか?

    (A課長が話すまで誰も話さないかな)」

    参加者①:「(自分はどう考えているだろう)」

    参加者②:「(どうせA課長が発言して終わりだろ)」

    参加者③:「(私に聞かれているわけじゃないしな)」

    といったことが起きています。

    ファシリテーターが問いかけるだけでは、参加者が主体的になることは難しくなります。
    また、ファシリテーターも全体の参画を生み出すことが難しく、諦めかけてしまいます。

    グラフィックファシリテーションでは、同じような場面の際に、

    参加者たち:「・・・・・・・・。」

    ファシリテーター:模造紙に「シーン‥」としている会議のイラストを描き、青色で塗る。

    参加者①:「(イラストを見る:今この場はああいう状態なんだ)」

    参加者②:「(イラストを見る:そういえばさっきから黙ったままだな。一言だそう。)」

    参加者③:「(イラストを見る:ここまではイラストの話をしてきたから、次に話を進めよう)」

    といったことが起きます。
    イラストが自然と参加者に対して、フィードバックの作用をすることで、自然とその会議の場に意識が向かっていきます。

    グラフィックファシリテーションでは、会議で起きていることを、その場で模造紙やホワイトボードに描くことで、主体性や多様性を引き出し、受け入れる場を構築していくことができます。

    講師紹介
    概要
    開催日時 2018年02月20日(火)  14:00~17:30(13:45~受付開始)
    定員 16名
    受講料 無料
    会場 東京都新宿区新宿2-1-9 ステラ新宿 6階
    リ・カレント 本社セミナールーム
    アクセス MAP>
    東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅 1番出口より30歩
    東京メトロ各線 新宿三丁目駅 C5出口より徒歩5分
    お問い合わせ TEL:03-5362-1537  FAX:03-5362-1536
    対象者 人事・人材開発部門、経営企画部門のご担当者様
    受講票について セミナー開催日約1週間前に受講案内についてご連絡致します。
    尚、セミナー開催日1週間前を過ぎても当社より連絡が無い場合は、恐れ入りますがその旨ご連絡を頂けますようお願いたします。
    ※お申し込み多数の場合は、抽選結果のご連絡と変えさせて頂きますのでご了承ください。

プログラム・ 講師を知る

「目からウロコ」のHRDセミナー プロフェッショナル講師のメッセージと研修プログラムを無料体験!

プロも唸らす! 人事志塾

プロも唸らす! 人事志塾 HRD業界20年の代表が送る、HRD担当者としての想いを高める!

他社事例とネットワークを探す

ここだけの話! 事例研究会 アツイ人事担当者がこっそり教える現場の話にアツイ議論が止まらない!

階層

セミナーテーマ

CASE

事例紹介

事例紹介

お取り引き150社以上、リピート率92%の研修プログラムを導入いただいております。

事例紹介を見る

SEMINAR

セミナーのご案内

セミナーのご案内

人材組織開発ご担当者のみなさまへ、定期的に各種体験セミナーをご用意しております。

セミナー開催情報へ

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせ

企業それぞれの体制に合わせて、様々なプログラムをご提案。お気軽にお申し付けください。

メールでお問い合わせ 資料請求

ページの先頭へ