ABOUT 人材組織開発
プロデューサーとは

リ・カレントの社員は全員「人材組織開発プロデューサー」です。
お客様であるクライアントの人材組織開発コンセプトをひとことで言い切ることができ、お客様の人材、組織の課題を解決するために、講師・プログラムを開発し提供しています。

人材組織開発プロデューサーの仕事紹介

リ・カレントの特徴:
「三位一体」のプロデュース
人材組織開発プロデューサーの仕事
クライアントである企業の人事・人材開発担当者と、パートナー講師と共に、チームとして最高のソリューションを創り出していくことが、私たちプロデューサーの仕事です。プロフェッショナルな方々の高いニーズを形にしていくため、1年目から自律したビジネスパーソンとしての動きが求められます。また、ビジネスフェーズによって様々な能力が求められるため、早くから成長できる仕事です。

リ・カレント社員の1日

人材組織開発プロデューサーの1日
クライアント訪問、社内ミーティング、企画書作成・・・人材組織開発プロデューサーの仕事は多岐に渡ります。そんなメンバーの1日を、ちょっとだけ公開します!
湯口 せりか
1日のスケジュール
  • 仕事の準備

    一緒にお仕事をさせていただけているご縁に感謝して、毎年お客様と講師をお招きしたイベントを実施しています

  • メールチェック

    朝一番はメールの確認から。素早い返事を心掛けつつ、仕事の優先順位も組み立てていきます。

  • 社内でミーティング

    社内プロジェクトの進捗共有や企画書のレビューなど、メンバーとディスカッションしながら進めていきます。

  • ランチ

    お昼は自炊したり、UberEATSを活用したり。日によってはチームメンバーとオンラインでランチョンもしています!

  • 商談準備

    クライアント訪問に向けて、企画書やお見せする資料の最終確認をします。

  • クライアント商談

    昨年からクライアントとの商談もZOOMを使ったオンラインが多いです。
    今日は先方の育成施策についてヒアリングしながら今後の施策についてディスカッションです。

  • 講師とお電話

    近々実施する研修の内容とタイムスケジュールについて、講師とお電話で打ち合わせ。

  • 退勤

    後輩からの相談に乗ったりメール対応などの残務対応をして、今日は終了!夕方からはチームでオンライン飲み会です!

1日のスケジュール
1週間のスケジュール

コロナの影響で、”働き方”は大きく変わりましたが、お客様への想いは変わりません。リモートワークで場所は同じでも每日異なる仕事内容ですので、自立性が必要ですが、自由に進めることができると感じます。自分の部屋をいかに過ごしやすくするかが、リモートワークのコツですね!

川合 裕貴
1日のスケジュール
  • 仕事の準備

    午前中はリモートワークなので、いつもより準備はゆっくりめです。

  • 先輩と商談前の打ち合わせ

    クライアント商談の前に、同行してもらう先輩と今日の目的やゴール、お見せする資料などを共有します。

  • クライアント商談

    ZOOMを使って商談を行います。今日は初回の商談なので、リ・カレントの紹介を交えながら先方の施策やご状況についてヒアリングします。

  • ランチして出社準備

    午後はオフィスに出社して先輩と打ち合わせなので、ランチはささっと済ませます。

  • オフィス出社

    基本リモートワークなので、オフィスには全体の2~3割くらいの人だけ出社しています。

  • 先輩と案件打ち合わせ

    先輩と対面で案件の提案書について打ち合わせ。アイデアの発散がメインなので、ホワイトボードで考えをまとめながら進めます。

  • 資料作成&顧客対応

    先輩との打ち合わせ内容を反映させて、企画書のブラッシュアップをします。

  • 退社

    1日終了!今日はこの後プライベートの予定があるので早めの退社です。

1日のスケジュール
1週間のスケジュール

状況に合わせてリモートワークと出社を選んでいます。アイデア発散の打ち合わせがあるときは出社、企画書作成が詰まっているときはリモートなど業務に合わせて選べることでストレスなく働けています。

ENTRYエントリー

マイナビ

マイナビからエントリーする ENTRY