///SEMINAR

リ・カレント名物!目からウロコのHRDセミナー

プログラム・ 講師を知る

「目からウロコ」のHRDセミナー プロフェッショナル講師のメッセージと研修プログラムを無料体験!

プロも唸らす! 人事志塾

プロも唸らす! 人事志塾 HRD業界20年の代表が送る、HRD担当者としての想いを高める!

他社事例とネットワークを探す

ここだけの話! 事例研究会 アツイ人事担当者がこっそり教える現場の話にアツイ議論が止まらない!

階層

セミナーテーマ

  • 2018.04.09 開催

    第278回:メンバー自らが動き出すチームを作る(マネジメントサイクル)4つの仕掛け

    「働き方」より「働きがい」を創出するマネジメント改革

    講師:石橋 真
    チームマネジメント研修リーダーシップ研修管理職育成研修
    • 開催日
    • 2018年04月09日(月)  13:30~18:30(13:15~受付開始)
    • 会場
    • リ・カレント株式会社 セミナールーム「GYOEN」

    働き方改革が叫ばれている中、これまで以上の生産性の向上が求められています。
    また、AIの発達により単純労働はどんどん奪われていく運命にあります。

    そんな環境下では以下のようなマネジャーの悩みを耳にします。

    ▼「プレイングマネジャーとしてのプレイヤー業務が多忙すぎて、部下育成にパワーを割けていない

    ▼「個々のタスクは回しているが、チーム全体としてのありたい姿や方向性を描けていない

    ▼「マネジャーが率先して新しいアイディアや取り組みを行えと言われているが、既存業務で手一杯になっている

    「チームマネジメント」が話題になっている2つの理由

     

    現在、企業の人事研修部門ではコーチングやOJT研修よりも
    「チームマネジメント」を重要課題に掲げる方が多くなっています。

    ある人材開発調査機関によると、管理職が部下を個別に指導するよりも、
    チームでお互いに関わり合って指導した方が、70%も効果がアップしたそうです。

    なぜ、管理職が部下を個別に育成するよりも、チームでの指導の方が
    効果が発揮されるのでしょうか?

     

    ■理由1■マネジャーの部下育成力に限界!?

    日本企業では管理職の90%がプレイングマネジャーであり、担当業務のみで
    すら十分に忙しいのが現実です。

    つまり一人ひとりの部下を育てている時間的、精神的余裕がない。

    したがって、「自分が関わらなくても部下が自律的に育つチームをいかに作るか」
    いわば「チームをマネジメントする発想」が必要になっているのです。

     

    ■理由2■チームの方が「創造性」が生まれやすい!?

    いまの社会では、業務が急速に複雑化し、さらなる効率化が進行しています。
    現場での変革や創造性が、いままで以上に求められています。

    1人のスタープレイヤーがいたとしても、組織のパワーには勝てません。

    実際にトヨタ社のハイブリッド車の開発はチームで行われました。

    アップル社の斬新なアイディアも、スティーブ・ジョブズ氏が様々な専門家と
    チームを組んでディスカッションしたからこそ、創造性が生まれ、画期的な商品
    を世に送り出すことができたのです。

    偉大な創造や発明は、カリスマ的リーダーからではなく、
    じつは、チームのなかから生み出されているのです。

     

    ★生産性向上のゴールは「残業削減」ではなかった

    政府が打ち出す働き方改革によって、残業削減の必要性が叫ばれています。
    ところが、貴社のゴールは本当にそれだけでしょうか。

    今ある仕事の効率を上げるだけではなく、中長期的には創造や革新が必要でしょう。
    効率アップは一人ひとりでもできますが、創造は1人ではできません。
    多様な意見がぶつかり合うチームの中から生まれるのです。

     ・上司がやらなくてもいいプレイヤーレベルの仕事に追われている

     ・部下がばらばらに動いており、チームとしての一体感がない

     ・若手・中堅が一段上のレベルの仕事にチャレンジしない

    これらのことを解決するためには、メンバー自らが動き出すチームを作る、マネジメントサイクル4つの仕掛けが必要なのです。

     

    ★セミナーでのご紹介

    内容メンバー自らが動き出すチームを作る

    マネジメントサイクル4つの仕掛け

    ■ベストチームデザイン  ────────────――――

    構想 ⇒ 参画 ⇒ 協働 ⇒ 創発

    構想とは?

    • MVVを自分のハートワーク・ヘッドワーク・フットワークから絞り出す
      ・動画やケースから五感を使って、様々な企業のMVVを体感
      ・ポイントを学びながら、自分のチームのMVVを作成
    • MVVに基づいた戦略を立案する
      ・戦略定石の3S:エッジを立てる差別化、選択、集中

    参画とは?

    •  参画意欲を高める
      ・キーワーディングとストーリーテリングによる共感・共鳴効果
      ・コーチング&ファシリテーションサイクルによる自己決定効果
    • 人材の「強み」にフォーカスする
      ・業務フローの中で、メンバーの強み分野を深堀りさせる
      ・「強み×強み」のプロジェクトチームを組ませる
    • 参画意欲を引き出す
      ・業務アサインではなく「業務デザイン」を行う
      ・「業務デザイン」にプラスして「役割デザイン」を行う

    協働とは?

    • メンバーのフォロワーシップを引き出す
      ・業務フローの中で、メンバーの強み分野を深堀りさせる
    • メンバー間の相互作用を促進する
      ・学習効果を上げるのは「業務的支援」よりも「内省的支援」
      ・「強み×強み」のプロジェクトチームを組ませる

    創発とは?

    • 場を作る
      ・場作り、ネットワークづくりのポイントを踏まえ
      アイデアが創出し易い環境を作る
    • チームで経験学習モデルを回す
      ・目標管理をマネジャーと個人ではなく、チーム全体で共有する
      ・リアルとサイバーで情報交換の相乗効果を上げる
    • 学習の内省・実験シート
      ・構想、参画、協働、創発を通じて学んだことを、
      自分、メンバー、チームの各レイヤーでプランニング

    セミナーでは、ワークを行いながら体験学習をしていただきます。

    講師紹介
    「働楽」魂に火をつける!働楽伝道師
    石橋 真(いしばし まこと)
    日本組織心理学会会員・日本人材マネジメント協会会員
    日本フォロワーシップ研究会幹事

    89年筑波大学卒業後、株式会社リクルート入社。HRD部門にて企業の人材開発支援に従事。全国優秀新人賞をはじめ、経営への提言コンテストなど数々の賞を受賞。HRDグループマネジャーとして不況下のチームを目標達成に導く。
    2000年独立、07年リ・カレント株式会社創業、代表取締役就任。ユニークなチームマネジメントに取り組み、創業以来、増収増益を更新中。

    概要
    開催日時 2018年04月09日(月)  13:30~18:30(13:15~受付開始)
    定員 16名
    受講料 無料
    会場 東京都新宿区新宿2-1-9 ステラ新宿 6階
    リ・カレント 本社セミナールーム
    アクセス MAP>
    東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅 1番出口より30歩
    東京メトロ各線 新宿三丁目駅 C5出口より徒歩5分
    お問い合わせ TEL:03-5362-1537  FAX:03-5362-1536
    対象者 人事・人材開発部門の若手育成ご担当者様
    (今回は1社2名様までご参加可能です)
    受講票について セミナー開催日約1週間前に受講案内についてご連絡致します。
    尚、セミナー開催日1週間前を過ぎても当社より連絡が無い場合は、恐れ入りますがその旨ご連絡を頂けますようお願いたします。
    ※お申し込み多数の場合は、抽選結果のご連絡と変えさせて頂きますのでご了承ください。

プログラム・ 講師を知る

「目からウロコ」のHRDセミナー プロフェッショナル講師のメッセージと研修プログラムを無料体験!

プロも唸らす! 人事志塾

プロも唸らす! 人事志塾 HRD業界20年の代表が送る、HRD担当者としての想いを高める!

他社事例とネットワークを探す

ここだけの話! 事例研究会 アツイ人事担当者がこっそり教える現場の話にアツイ議論が止まらない!

階層

セミナーテーマ

CASE

事例紹介

事例紹介

お取り引き150社以上、リピート率92%の研修プログラムを導入いただいております。

事例紹介を見る

SEMINAR

セミナーのご案内

セミナーのご案内

人材組織開発ご担当者のみなさまへ、定期的に各種体験セミナーをご用意しております。

セミナー開催情報へ

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせ

企業それぞれの体制に合わせて、様々なプログラムをご提案。お気軽にお申し付けください。

メールでお問い合わせ 資料請求

ページの先頭へ