///SEMINAR

リ・カレント名物!目からウロコのHRDセミナー

プログラム・ 講師を知る

「目からウロコ」のHRDセミナー プロフェッショナル講師のメッセージと研修プログラムを無料体験!

プロも唸らす! 人事志塾

プロも唸らす! 人事志塾 HRD業界20年の代表が送る、HRD担当者としての想いを高める!

他社事例とネットワークを探す

ここだけの話! 事例研究会 アツイ人事担当者がこっそり教える現場の話にアツイ議論が止まらない!

階層

セミナーテーマ

  • 2022.03.25 開催

    第448回:部下に任せたいけど・任せられない管理職が陥る「8つのアンコンシャス・バイアス」

    〜「心理的"非"安全」から脱却させるマネジメント・エフィカシー〜

    講師:石橋 真
    チームマネジメント研修管理職研修
    • 開催日
    • 2022年03月25日(金)  13:30~15:00
    • 会場
    • オンライン配信にて実施します

    急激な環境変化に伴い、管理職の「役割・責任」と「心理的負担」は増加傾向にあります。
    生産性・効率性が追及される現在、「自分がすべて確認しないと不安」「出来るのは自分しかいない」といった心理的”非”安全状態にある管理職が多いのではないでしょうか。

    ある管理職研修では、下記のような声を耳にしました。

    「結局、部下に任せるより自分でやった方が早い」
    「忙しい部下にさらに仕事を振るのは忍びない」
    「部下の能力を把握しきれていないので、アサインが難しい」

    こうした発言の背景には、「部下に任せると失敗する」や「○○さんはこの業務量が限界」などアンコンシャス・バイアスがあるのではないでしょうか。
    また、部下を介した成果創出にイメージが持てず、自身のマネジメント・エフィカシーに自信が持てていない様子がうかがえます。

    このように自身のプレイング能力だけで生産性・効率性を高めていては、マネジメント能力が上がらないばかりか、結果として、部下の成長機会が奪われてしまいます。

    こうした状況で管理職が自身の役割を正しく知り、マネジメント能力を高めていくためには、自身の思い込みを自覚し、部下に任せる経験が必要です。

    今回のセミナーでは、管理職が部下に対して持ちやすい8つのアンコンシャス・バイアスを紹介し、彼らが心理的”非”安全状態を脱して、自身をもってマネジメントを行うための、マネジメント・エフィカシー向上施策を解説します。

    講師紹介
    「働楽」魂に火を灯す働楽伝道師
    石橋 真(いしばし まこと)
    リ・カレント株式会社 代表取締役社長

    働くことを心から楽しむ「働楽」をミッションに、社員幸福度をアップ
    するチームマネジメントに取り組み、創業以来、増収増益を更新。
    コロナ禍による研修業界業績悪化の2020年、昨年対比5%アップの
    経常利益を全社一丸で達成する。2021年対前年で売上129%アップ、
    経常利益200%アップを達成して完全V字回復を果たす。

    コロナ禍をきっかけに、
    「個人学習が促進される今、個の学びを組織での学びに繋げる」
    組織学習サイクルを提唱。学習者主体の教育施策デザインに取り組む。

    概要
    開催日時 2022年03月25日(金)  13:30~15:00
    定員 20名
    受講料 無料
    会場
    アクセス
    お問い合わせ TEL:03-5362-1537  FAX:03-5362-1536
    対象者 人事・人材開発部門のご担当者様
    受講票について フォームよりお申し込みいただいた方へ、
    配信URLを自動返信メールにてお知らせいたします。

プログラム・ 講師を知る

「目からウロコ」のHRDセミナー プロフェッショナル講師のメッセージと研修プログラムを無料体験!

プロも唸らす! 人事志塾

プロも唸らす! 人事志塾 HRD業界20年の代表が送る、HRD担当者としての想いを高める!

他社事例とネットワークを探す

ここだけの話! 事例研究会 アツイ人事担当者がこっそり教える現場の話にアツイ議論が止まらない!

階層

セミナーテーマ

CASE

事例紹介

事例紹介

お取り引き150社以上、リピート率92%の研修プログラムを導入いただいております。

事例紹介を見る

SEMINAR

セミナーのご案内

セミナーのご案内

人材組織開発ご担当者のみなさまへ、定期的に各種体験セミナーをご用意しております。

セミナー開催情報へ

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせ

企業それぞれの体制に合わせて、様々なプログラムをご提案。お気軽にお申し付けください。

メールでお問い合わせ 資料請求

ページの先頭へ