///CASE

個人と組織も未来を変えていく
人材開発担当者様の挑戦ストーリー
新人 メンバーシップ

現場を知り尽くしているから
こそ見えた次世代型新人研修
新たなステージへの挑戦

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社様

(2017年7月1日より、株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズから社名変更)
事業統括部 経営企画部 アウトソーシング88推進グループ 
逢坂宏子様 佐藤大輔様

変革ストーリー

概要: 2017年4月に184名の新入社員を対象とした新卒社員研修で2週間お世話になりました、パーソルプロセス&テクノロジー社にて新入社員の育成を担当されている、佐藤様・逢坂様へのインタビューです。今回は、講師を務めた沖講師とリ・カレント楠、パーソルプロセス&テクノロジー社の担当プロデューサーであるリ・カレント川口との5名対談。佐藤様、逢坂様の育成に対する想いやお二人の絶妙な掛け合い、名言などが次々と飛び出し、終始笑いの絶えないインタビューとなりました。

対談者
沖みちる(リ・カレント株式会社 プロフェッショナルパートナー)
楠麻衣香(リ・カレント株式会社 若手人材開発事業部 マネジャー)
川口唯貴(リ・カレント株式会社 人材組織開発プロデュース部)
※インタビュー2017年5月12日時点では、5月末までの新卒社員研修の中盤でした。 導入プロセス: 17新卒入社時研修にて、現場のメッセージを体現し、そして変わりゆく新卒社員に適した対応ができるプログラム・講師を探していた。 導入プログラム: 現在の時代背景に合わせたこれからのビジネスパーソンに求められる基本姿勢として、リ・カレント社のプログラム「Core & Shift」を導入。

①「人生は自分次第」を大切にする
②「答えの無い世界」を前提にする
③常に「自分の考え」を意識する
④常に「他者の立場・視点」を想像する

の4つのメッセージを軸に、入社式翌日から約2週間のプログラムを展開。「お客様の本質的な課題を捉え、考え、解決に向け挑戦する」ということを掲げた実践的な研修では、パーソルプロセス&テクノロジー社の商材を使った顧客役への提案実践を通じて学ぶ「ソリューション提案ワーク」をオリジナル開発。人事・メンター・現場マネジャー・役員が参画することで、より現場に近いメッセージを新卒社員に届けた。

担当講師:沖みちる 楠麻衣香 他2名 受講者の変化: 積極的に研修運営に関わり、わからないことは講師を探し、積極的に質問をしに来るなど、自ら考え動く主体的行動が多く見られるようになった。

リカレントの研修は新卒の目線に立っていて、
なによりも面白かった

川口:最初は、弊社が行っている「目からウロコ!のHRDセミナー(以下「目ウロコ!」)」にいらっしゃったのが始まりでしたね。


逢坂:私が初めて研修担当になったときに、まずは「研修会社を選ぶ」というところから話が始まり、昨年の8月、沖さんと楠さんが登壇された「目ウロコ!」に参加しました。当時、弊社からは別の人間がすでに参加していたので、上司から2人目の参加はNGと言われていたのですが、セミナーの評判がよいことは聞いていたのでどうしても行きたいと。そこからのスタートでしたね。

川口:昨年度の4月からお二人が教育研修のチームに着任され、新年度の新卒研修を企画されていたんですよね。セミナーに参加されて率直にどのような感想でしたか?

逢坂:正直、驚きました。弊社はわりと研修には手厚いと思っていて、その中で「なぜこんなに社内で研修をやっているのに、なかなか成長しないんだろう」とずっと思っていたのです。研修を受けて、それで満足している人がいるという話は耳にしていましたが、それでも講師や内容の質は高い方だと思っていたんです。でも、リ・カレントさんのセミナーに参加したときに、私がこれまで経験をしてきたインプット型の研修とは全く異なっていたのに驚きましたし、なにより面白かった。
結構、研修会社さんというのは、作ったコンテンツをそのままパッケージでやられているところが多いと思うのですが、御社の場合は、今の市場、今の若者に対して、どういうコンテンツ、どういうメッセージが刺さるのか、ということをずっと分析をされて、常に最新のものをやられているんだなと。研修というものに対する考え方が変わりました。それはある意味で衝撃でした。

佐藤:そうですね。事前に社内で話は聞いていました。とにかく受けてみればわかると (笑) 。どんな感じで実際に研修をされるのか興味はありましたが、セミナーに参加する前からきっと大丈夫だとは思っていました。それ以前にリ・カレントさんとは何度かお会いしていたので、直接お話をさせていただくなかで意思がすごく伝わってきたのと、目線が合ったんですよね。
要するに「新卒の目線が解っていないと受講者達にも伝わらないよね」というのをまず前提として理解していただいていたこと。「相手となる新人にはこういう傾向があるから、こういう風に伝えて行かないと伝わらないよね」というところをしっかり研究されていた。御社のセミナーに行ってみたときに、他の会社の人事の方ともお話ししましたが、研修ってこんなにも面白くできるんだなと思いました。

研修の意味は「我慢させること」ではなくて、
「どうやったら楽しくできるのか」を考える力や自走力を育てること。

楠:教育研修というお仕事につかれてから1年、お二人はどんな思いでここまで走ってこられたんですか。

逢坂:私たちはここにいる最初の動機が異なるので、印象も違うかもしれませんね。私は通常異動ですが、佐藤は自ら手を挙げて教育研修のチームに異動しています。

佐藤:私はここに来る前はでプロジェクトの中で社員の育成をしていました。でも、もっと大きな括りで社員の育成ができていないと、会社として成長していかない。自分がプロジェクトで社員を育てるということを10年繰り返しても、プロジェクトという枠の中でしか変えられない。ならば、もっと根っ子の部分からしっかりと人の育成を通して会社を変えていきたいと思ったんです。


具体的には、私たちのスローガン「はたらいて、笑おう。」を実現するために、これまでの研修手法を変える必要があると感じていました。私たちが育てたい人材とは様々なことにチャレンジし、失敗し、そこでしっかりと学ぶ。この先の目指す姿を想像し、どのように成長していくべきかを自分で考えられる人。自らが「どうやったら楽しく仕事ができるか」を考える力や自走力を育てる必要がある。ただ、これらを実現する研修を実施するためには、ちゃんと理解をしてくれるパートナーさんが必要でした。私たちにはそこまでのノウハウがなかったのですが、「こうしたい」という想いはあったんです。それに共感してくれて、一緒にやってくれるパートナーさんがいればいいなと思っていたんです。
そういう想いを持ってる中でリ・カレントさんとの出会いがありました。新入社員の気持ちを汲んでいるか汲んでいないかは私たちにとってはとっても重要な要素で、リ・カレントさんはその要素をしっかりと持っていました。

逢坂:昨年度研修の面談で印象的だった受講生の言葉があります。「“はたらいて、笑おう。”を掲げているのに、教育研修のチームの人は楽しそうに働いているようには見えない」と。はたらくことの楽しさは人によって違うと思うのですが、人事という立場で考えたときに、彼らが共感できるような姿を体現することが必要だと思いました。

佐藤:実際に、私たち自身、「はたらいて、笑おう。」の方向に向いていない状況がありました。だから、彼らが「楽しくない」というのはその通りで、講師側もはたらいて笑うために、研修や新入社員と本気で向き合わないと駄目だなと。

逢坂:弊社にはアルコミュというお酒をのみながらコミュニケーションを図る場があるのですが、研修中とは違い、フランクに話している社員を見て、新卒社員から「こういう会社だったんですね」と言われたんです。彼らも腹を割って喋ってくれるし、なんでも言ってくれる。今の新入社員の世代は壁を張っているとか、クールとか、何も考えていないとか言われるけど、その時初めてそうではないことが分かりました。
とはいえ、我々が関われるのは彼らの社会人人生のほんの一部だけなので、現場に配属してからも引き続き受入側の社員と一緒に育成を行い、事業を作っていく。これこそがとても大事なことなのです。

お客様の「一緒に何かを変えてくれる存在」になる
その小さな積み重ねが、信頼につながっていく

楠:教育研修チームのなかでもお二人のチームワークは抜群だと思うんですが、何がお二人をそうさせてたんですか?

佐藤:おそらくミッションの共有がしっかりできていたからではないかと。それぞれやりたいことが違っても、育成や教育に対する課題感は同じなので舵がきられた時はすごいパワーで協力できるんですよね。


逢坂:私たちは社歴もそれほど変わらないのですが、新卒入社と中途入社で歩んできたキャリアは全く違います。ですが、携わってきたプロジェクトの背景がとてもよく似ていて。状況が厳しいプロジェクトを立て直すために異動し、お客様に気に入っていただいてなかなかプロジェクトから出られない……そんな環境でずっと管理者をやっていました。
成功体験や失敗体験をくぐり抜けているからこそ、うまくいくプロジェクトはどういうものか、どのように社員を育てるべきかといったことの知識は一定持っている。もちろん、得意分野とか専門分野は全然違うのですが……(笑)

佐藤:プロジェクトの立て直しをしてきた経験が多いのですが、そういう時こそお客様が一番困っている時なので、力を貸せる存在であることは重要だと思っています。敢えて火中の栗を拾いに行くというのは、やらないに越したことはない。でも、そこに踏み込める人材を育てないと、お客様は私たちを一緒に何かを変えてくれる存在だと思ってくれないんです。今回、我々はリ・カレントさんにそういう人材を育てる研修をつくっていただいたと思っています。
私たちはお客様に対して、パートナーとして、対等な立場としてしっかり意見を言い合いながら、「本質的な課題はこれで、やるべきことはこれです」とはっきり言って進めていく。答えが正しいか分からず、先が見えない状態であったとしても進まなければならないんです。

逢坂:答えのない世界に、一歩踏み出してやってみるということと同じですね。

佐藤:まさに人生は自分次第で、起こっていることをどう捉えるのかでまったく変わってくるんです。そこで一歩踏み込んでいくとお客様にも「ちゃんと考えてくれる会社だ」と感じてくれる、その積み重ねが会社の信頼につながっていく。おそらく我々がやってきたことというのは、そういうことだと思うんです。最終的に逃げずに、目の前の相手としっかりと向き合い、一緒に進んでいけるのか。そのコンセプトはリ・カレントさんの研修と合致していましたね。
我々だけでは、ここまで体系的に伝えられなかったと思います。こういう想いはあるけれど、正直、それをどう伝えたらいいのかわからなかった。現場で長い時間をかけて伝えることはできますが、このような考えを伝える方法がわからなかったんです。そこは本当に助かりましたね。

仕事にがむしゃらに向き合う、そして、仕事を客観的に見られるようになると驚くくらい仕事が楽しくなる

逢坂:リ・カレントさんの研修プログラム「Core&Shift」と4つのメッセージ(※導入プログラム)は、新卒社員ももちろんですが、関わっていたメンターやマネジャーも、まさにその通りだととても感動していました。マクロとミクロの視点の話(※研修初日の思考の柔軟性と視野を広げることの大切さを理解するワーク)は某マネジャーも大きくうなずいていました。

沖:ミクロにすごく特化した視点で物事を見ると、小さな関係のコミュニティやいろいろな問題がミクロになる。でも、外に出るとそうじゃない。マクロでしか判断できない場合もある。上司の指示がマクロだったりすることもある。そこのギャップ感は入社したての頃はなかなか埋まらないけれど、「上司の指示がマクロなんだな」ということさえ理解できていれば、そこで躓いたりとか、うがった見方にならないで済むのかなと。私がすごくミクロの世界で生きてきたので、マクロがいかに大事かというのを後から知って、ぜひ今の子たちには伝えたいと思いました。私は経験を通して知っていったのですが、理解するまでに時間がかかりました。


逢坂:会社に入ったらまず3年と言われるのは、もしかしたらそこの切り替えというところなのかなと。入社してからリーダーを任されたり、違う視点から物事を見る状況になってくるのが、今の弊社では、平均的に3年目なんですね。私自身、振り返ったときに、最初の3年間で何をやっていたかといえば、目の前のことだけを手探りで、とにかくがむしゃらにやっていた。でも、3年経ったときに、たがが外れてすごく楽になった。人や仕事を客観的に見られるようになった。仕事がやりやすくなって、仕事が楽しくなったんですね。その経験を入社してすぐのキャリアの最初の地点で伝えることに、「Core & Shift」の意味があるんだと思います。

楠:その前提として、ミクロでもいいから目の前のやるべきことをこなしている、という前提が大事だと思うんです。小さなカテゴリのなかでもいろいろな仕事をこなして、失敗も成功も体験して、一歩上がって振り返ったときに、「あ、私が歩いていた地図はこういうことだったんだな」と考えることができるようになる。失敗を恐れるようになってしまうと、ミクロのなかでも行動や経験の量が圧倒的に減ってしまう可能性がありますよね。自分で決めて行動して、どれだけ失敗したか。特に失敗を恐れる今時の新人には、このギャップを埋める第一歩が肝なんだと思っているんですよ。

沖:彼らのなかで「恐れ」というものがすごく大きいと思うんですね。新人にはいつの時代でも恐れを持っているのですが、いまはその恐れが多岐にわたっていて根深い。それは教わってきた環境や時代背景なども影響しているので、彼らの責任ではないんです。そこで、彼らに「自分達が一歩踏み出すことが怖くないんだ」とか「踏み出せば学べるものがあるんだ」ということに気づいてもらうことが、最初の導入では大事なのかなと。失敗は当然しますけど、「失敗できてよかった」と思えることが、新人研修の本当のゴールなのかなと思います。

誰かがやらなきゃいけないという状況で、
「やりますよ!」と言ってみると案外なんでも変えられる

沖:「自分達でもなんとかなるんだ」という感覚が大事だと思うんです。それは新人の場合は体感しにくい。なので、社内での経験をもとに具体的な事例(※ソリューション提案ワークなどを通じたオリジナルコンテンツなど)を目の前で見ることができたというのは、新人の方も身近にイメージを持ちやすい、安心感を持たせられたのかなと思います。

逢坂:仕事のなかには絶対に逃げられない場面があるんです。「自分がなんとかしないと」という責任感や使命感だと思うんですよね。私自身はお客様のために応えたいという気持ちがモチベーションになっていましたね。

佐藤:誰かがやらなきゃいけないという状況で、「私がやります」と手を上げることが重要だと思います。不安に思ってることでも、意外と壁もなく、すんなりやれてしまうことも多いです。そしてそれも経験となり、未来の自分をつくっていく大きな要素の1つになるんですよね。

沖:背負った責任の大きさがその人の懐の大きさを決めていくんですよね。みんな、30代、40代になると、そういった懐ができて背負えるんだと思っているじゃないですか? でも年齢で懐ができたから背負えたんじゃない。背負ったから大きな懐ができたという順番を見失ってはいけないですよね。

逢坂:まさにその通りで、とにかく新卒に関しては早期にリーダーや育成担当、顧客折衝、とにかく色々な経験を積ませたいと思っています。そういったことを実現させるためにも、この後の6月からも引き続き育成をしていきたいですね。

リ・カレントさんは単なる研修会社ではない、研修コンサルの会社。
我々がどう成長したら会社のためになるのかをパートナーとして考えてくれた

逢坂:期待以上の満足度の高い研修ができたことに加え、我々の変化というところでは、改めてリ・カレントさんにお願いして本当によかったと思います。一番最初に打ち合わせをさせていただいたときに感じたワクワクが、途切れることなくそのまま研修の最終日まで続いていたこと、こんなに気持ちよくお仕事させていただける会社はなかったかなと思います。
これまで研修会社は、自分達が作ったすでにあるコンテンツをそのままパッケージでやると思っていたんです。リ・カレントさんはそうじゃない。研修をコンサルティングする会社だなということをすごく感じたんですね。我々と一緒に、我々のことをずっと見ながら、我々の社員がどう成長したら会社のためになるのかということを、パートナーとして考えてくださった。こんな素晴らしいビジネスパートナーはいないと思いましたね。

「はたらいて、笑おう。」の実現するために、10年後、15年後を築いていく存在になってもらいたい

川口:今回の研修なども踏まえて、今後のパーソルプロセス&テクノロジーが目指すところをお聞かせいただけますか?

佐藤:私たちのスローガンである「はたらいて、笑う。」を実現するためには、やはり何かを変えないといけないと思うんです。自ら変える。それをするためには、受け身の姿勢では変えることはできないと思うんですね。チャレンジしてみる、それがたとえ険しいことであっても、一歩踏み出してみる、そういう人材を今後我々が増やしていくことで、「はたらくことを楽しんでいる」という世の中にしていきたい。今まで研修を受けていた新入社員に、10年後、15年後を築いていく存在になってもらいたいと思っています。
その中核を担うような人材を育てるためには、現状を変えるようなマインドと手法が必要だと思います。人間関係の構築の仕方なども、リ・カレントさんの研修を通じて学んだのだと思います。
私たちのリクエストは受け身の学びではなく、「体得する」だったんです。配属後、「研修で学んだことを武器にして、戦っていくんだよ」と伝えたい。「はたらいて、笑おう。」実現するためには、新しいチャレンジが必要。受け身じゃなくまずはやってみる。そのマインドセットの一番重要な核の部分を今回の研修で教えていただけたのがよかったですね。

逢坂:私たちパーソルプロセス&テクノロジーは、パーソルグループという大きな組織の中で、システムソリューションやITアウトソーシングの事業を担っています。
私たちが掲げる「はたらいて、笑おう。」というスローガンは、働くことそのものを輝かせ、人生を楽しむことにつなげていくために、全ての働く人を支援したいというメッセージが込められています。
まずは私たち自身が「はたらいて、笑おう。」を実現していかなければなりません。
そのために、私たちは教育、研修を通じて社員一人ひとりが自ら変化し、チャレンジし、成長を実感し、はたらいて笑えるよう、これからも全力で支援をしていきたいと思います。

担当プロデューサーの声

リ・カレント株式会社
人材開発プロデュース部プロデューサー 川口唯貴

「はたらいて、笑おう」。7月からパーソルプロセス&テクノロジー様が一翼を担うことになるPERSOLグループのプロダクトラインです。
今回は佐藤様、逢坂様をはじめ、たくさんのパーソルプロセス&テクノロジー社の現場の皆様とまさに「はたらいて、笑おう」を新卒社員に向けて体現できた場となり、心より感謝を申し上げます。

研修中にも受講生に合わせてプログラムの調整を行うなど、講師、プロデューサーが「チームパーソルプロセス&テクノロジー」を合言葉に一丸になれたのも佐藤様、逢坂様の新人育成への想いがあってこそでした。

今回のインタビューでは、お二人が新人をはじめ、社員の皆さまと共に上がっていこうという強い意識を改めて感じました。心より感謝申し上げます。
まさに新人研修が続く5月中旬、大変お忙しい中でも快くインタビューに応じてくださり、ありがとうございました。

この研修の関連研修サービス

メンバーシップ
その他の事例をみる

CASE

事例紹介

お取り引き150社以上、リピート率92%の研修プログラムを導入いただいております。

事例紹介を見る

SEMINAR

セミナーのご案内

人材組織開発ご担当者のみなさまへ、定期的に各種体験セミナーをご用意しております。

セミナー開催情報へ

CONTACT

お問い合わせ

企業それぞれの体制に合わせて、様々なプログラムをご提案。お気軽にお申し付けください。

メールでお問い合わせ 資料請求

ページの先頭へ